ちりめんの歴史
ちりめんの歴史
トップ 季節商品 ちりめんの歴史 京都マップ 店舗案内 姉妹ブランド 採用情報
ちりめんの小さな布に思いを込めて…。"お細工もの"の魅力を今に伝えたい。

"ちりめん細工館"では、特に関西の地で長く愛されてきた ちりめん素材に注目し、お細工ものの愛らしさ、今を伝える ちりめんの魅力をお伝えできればと願っています。

しぼに光を受けて柔らかな表情を綾なす縮緬(ちりめん)―。ちりめん独特のこのしぼは、左と右に撚りをかけた糸を緯糸(よこいと)に、2種の糸を交互に織り上げていくことで生まれます。織り上げたその時は平らな一枚の布が、精練(糸の汚れなどを洗い落とす作業)するや、独特の凹凸、しぼが浮き上がる様は息をのむ美しさです。
この巧みな織りの技法が日本に伝えられたのは天正年間(1573〜1592)の頃といわれていますが、やがて着物の町、京都では、しぼがもたらす軽い質感と染めの発色の美しさが友禅染の技術と結びつき、織りの産地を丹後に得て、京ならではの着物文化を全国へと発信していきます。
丹念に織られ、染め上げられた一枚の着物は母から娘へ、娘から孫へと、大事に受け継がれていきます。もちろん女性たちは着物の端切れも 大切に、大切に母から娘へと引き継ぎました。縫い物は女性のたしなみといわれた時代、母は娘に、そんな端切れを使って、例えば着物と共布の袋物やお人形の着物作りを通してお針の技術だけではなく、物を慈しむ心も伝えてきたのです。時を経て、そんな無名な女性たちが作り出した "お細工もの" が今、再び注目されています。

我が子の成長を祈って― [吊り雛] 吊り雛

江戸の末頃から各地で残り布を使った押し絵雛が盛んに作られました。当時、貧窮する家計を助けるために、貴重な着物をほどいて、武家の女性が手内職で作ったという話も耳にします。我が子の成長への願いが雛人形には込められていますが、細工ものを吊した輪飾りを寺などに寄進する風習をもつ地域もあったようです。一般的に 吊り雛 とよばれ、今も各地で作られています。 その 吊り雛 を再現してみました。お雛様の節句祝いだけではなく、季節のお細工ものに代えてインテリアとしても愉しんでみます。

四季を切り取る睦月、如月、弥生―。 水無月の風景

四季の微妙な移ろいを感じさせる美しい言葉があるように、女性たちはお細工ものにも四季の移ろいを映し出しました。 写真は水無月(旧暦六月)、梅雨の頃の風景から、蛙と雨の日に軒先につるされたテルテル坊主。他にはオタマジャクシや紫陽花に遊ぶカタツムリ、月ごとにお細工ものがセットになっています。

てんてんてん毬 てんてんてん毬

お手玉やお人形、がらがらなど、玩具にもお母さんの手で細工ものが作られました。 蹴鞠をかたどった小さな毬は、その美しさはもちろん、子どもたちはころがしたり、お互いに毬と毬をぶつけ合って遊んだのでしょう。丈夫で、安全、そして美しい。玩具の原点が小さな毬に込められました。

上へ戻る
Copyright (C) 2006 Chirimenzaikukan All rights reserved.